「古民家再生工房」は岡山県で設計事務所を主宰する6人の建築家の集まりです。「古い民家をモダンリビングに!」をテーマに1988年に結成し、これまで200軒以上の民家を再生してきました。

私たちの方法は、文化財の改修工事のような時間を止めた保存や修復ではなく、民家の持っている特質や良さを十分に生かしながら、新しい機能や現代的な感覚を加えることで、使われなくなった納屋や蔵、ごく一般的な古い民家に新しい命を吹き込み、現代住宅として甦らせ、使いながら次の時代に残していきたいと考えています。民家を再生することで職人さんの伝統的な技術の継承にも役立っています。

再生された民家は古い物と新しい物が融合したもので、新築ではつくりだせない魅力的な現代住宅に甦ります。 古いものと新しいものの組み合わせに感性や思考が反映され、6人の個性が表されています。

□ 関連図書
 『古民家再生術』 住まい学大系72 (住まいの図書館出版局)
 『民家は甦る』 岡山「古民家再生工房」の軌跡 (住宅建築別冊・55)
 

 
 □古民家再生工房の主な活動
  1988年 「古民家再生工房」結成
  1993年   6人の共同作品「いかしの舎」完成
  1997年 「『甦る民家』古民家再生工房展」を東京(日本デザインコミッティ主催)
               と、ストックホルム(ストックホルム・王室芸術アカデミー主催)で開催
  1999年 「日本建築学会業績賞」受賞
  2002年 「福武文化賞」受賞
  2003年 「民家は甦る/岡山『古民家再生工房』の軌跡」(建築思潮研究所)刊行
  2009年 「甦る民家」 古民家再生工房写真展 いかしの舎にて
□事務局
  〒701-0304 
  岡山県都窪郡早島町2349
  TEL 086-482-4550